大切なふつう。ウイリアム・エグルストンの写真が好きだ。

Pocket

モノクロ写真が熟成された時代に、ニューカラーと言われてカラー写真を世に放ち始めた写真家ウイリアム・エグルストン。菅原一剛さんの本で彼のことを知り、僕は一瞬で好きになった。世界のエグルストンだからもちろん写真のどれもが素晴らしいわけだけど、僕が好きなのは彼が切りとるのが彼の日常のほんのふつうの断片ばかりだからだ。菅原さんは本の中で彼の写真を「大切なふつう」と言った。その通りだと思う。恐れ多いけど、僕もそんな大切なふつうを撮りたいなと思ってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA