地球は宇宙だ。

Pocket

image

ここ数日の月のパワー。火星には水があるというNASAの発表。やっぱり宇宙の、あの説明のつかないようなスケールのニュースを聞くと、いつも興奮する。いい歳になってもそれは変わらない。いや、大人になってからのほうがリアルに宇宙の偉大さを驚くようになった気がする。

もうずいぶん昔の話だけど、昼間は仕事の話しかしたことのなかったメンバーで夜飲みに行ったんだよね。で、最初は仕事の延長線上の話だったんだけど、なにかのきっかけで誰かが「実は俺、宇宙好きなんだよね」とかポツリと言った。そしたら「いや、実は俺も」「俺も」「アタシも!」みたいになって、なんだ、みんな宇宙のトリコじゃないか!みたいなことがあった。その日は、みんな思い思いの宇宙の知識とか思い出をみんなに披露しまくって夜が明けた。

にんげんは誰しも宇宙に魅せられる。それはもうにんげんの根源的なレベルな気がするし、ハッピーなだけじゃなくて怖くもあるという意味でも、こんなにひとの心を動かすものはない。

大人になってからは、自然がとても愛しくて好きになった。それはたぶん宇宙をリアルに好きになるのと同じように、地球を宇宙の一部として認識しはじめるからじゃないかと思う。太陽、雲、蒼、影、闇、ランダムなライン、風、雫、真似できないグラデーション。いやもうほんと、地球は途轍もなく異次元で宇宙だ。

ふと現実にかえると日々仕事に忙殺されたり、泣きたくなるような辛い思いをしたり、後悔しか浮かばない結果に直面したり、けっこう悲劇のヒロインみたいな出来事に見舞われる日常だったりするけど、この地球という星はそんな悩みをぶっ飛ばしてくれるような姿を僕たちに見せてくれる。それは決して世界に秘境に出かけなくたって、少し自然の中に身を置いて、目を凝らして自然と向き合ってみると、宇宙としてこっちをみて、大きな力で包み込んでくれる。その時、カメラがあるとさらに劇的だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA