NikonとNIKKOR

地球だって人と同じで自然体がいい。NIKKOR Micro 60mm/f2.8

image

今朝はあいにくの雨だったけど、小雨になるのを待ってD750と出かけてみた。レンズは水滴を撮ろうと思ってMicro 60/f2.8を。雨の日はこの選択が多い。とはいってもたくさん撮ったものの、じぶんのなかでよしとしたのはこの一枚だけで、しかも水滴はないんだけどね。

それにしても今年の一月に一眼レフD5300を手に入れて以来、P340やGR、D750でたくさん写真を撮ったなと。ここ数日はP900をしぶんへのクリスマスプレゼントにしたこともあって、さらにたくさん撮っている。まあ、写真をやらない人からしたら、そんな似たようなカメラをいくつも持ってどうするの、ということになるんだろうけど、いやあこれが人間と同じでみんな一人ひとり違った個性があって、やっぱりそれぞれの個体のよさが日々だんだんと沁みるように分かってきておもしろいわけです。レンズもそうかな。僕はいま4つのレンズを使い分けてるけど、ほんとここ最近、単に画角の差だけじゃない、レンズそれぞれの個性が愛おしく思えてきたところ。

で、何か特別なものを撮ってるわけじゃないんだけどね。もともと僕の写真好きは5年前くらいにiPhone 3GSを持ったときから始まって、愛犬と散歩しながら散歩道の空や地面を撮るのが日課みたいになっていった。僕の家のあたりは比較的自然が多くて、仕事場からはずいぶん遠いんだけど、そういう自然が多くて人が少ない環境は気に入っている。そんな日常だったから、一眼レフやコンデジを持ってからも、iPhoneの散歩写真の延長線上というか、なんでもない散歩のときのなんでもない自然の写真を撮ってる、そんな感じ。

image

でもまあ、じぶん的にはそれが心に健やかな行動であるし、けっこう楽しいんだよね。ふつうに通り過ぎてしまうようななんでもない景色の中にちょっとした季節の移ろいや小さな世界を発見する。愛犬と撮り始めたこともあるからよく地面を見てたしね笑。地味だけど、僕の中では意外と地味じゃなくて、うお!とかなることが多々あるというね。

image

いつもがそんなだから、いかにも被写体がある景勝地とかに行くと脳が驚いて相当たくさんシャッターを切ってしまう。まあそれも楽しいんだけど、僕にはカメラとふだんの散歩はセットみたいなところがあるから、こういう小さな自然を撮ってるときのほうが妙に落ち着く。なんでも、やり始めの頃のきっかけというか環境はその後の生き方に影響を与えるよね。

image

あと、朝夕の光の時間帯の写真が好きだから、朝夕の散歩にサクッと出て撮る感じも性に合ってるんだと思う。あ、誰かが以前ブログに書いてたけど、よくInstagramとかで絶景を日々アップしている人がいて、あぁ僕もそういうとこへ一眼レフ持って出かけて写真を撮りたいなと思うんだけど、いやいやそんな日常に空き時間も少なくて、あの絶景アップの人たちは何の職業の人たちなんだろうかと。旅人写真家なの?とか。いや、中にはそういう人もいるだろうけど、あの人たちみんながそんなはずもないんじゃないかとか考えたり。まあ、ただただ羨ましいヒガミみたいなもんなんだけどね笑。

image

でも、来年は一眼レフ持って少しそれらしいロケーションのところを撮り歩きたいなという小さな野望もある。あ、そうそう、愛するサッカークラブが一部に昇格したから、アウェイツーリズムも多少は楽しめたらなと思ってる。というわけで2015年もあとわずかの大晦日の昼下がり。そういえば、このブログ「記憶カメラ」もいつの間にか250話を超えていて、ほんの少しずつなんだけど何かが蓄積されていってるような感覚が気持ちいい。2016年も僕らしい記憶を一枚一枚積み重ねたい。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA