土曜日は「土」の日。

Pocket

image

こどもの頃はほんと服がまいにち汚れてたよね。あれって「ワンパクで行儀が悪かったから」というのもあるけど、物理的に汚れが付く場所が身のまわりに減ったのかなとも思う。

通勤路はあたりまえだけどアスファルトや舗装された道だけで事足りる。雨が降ってもどうかしたらほぼ濡れずに仕事場まで行けたりしてね。それくらい僕らはいま土とは無縁の平日を送っている。

その反動もあるのか、僕の土曜日は決まってカメラと土のある場所へ行くのが習慣だ。それは愛犬がいなくなった今でも変わらない。太陽が昇る頃を見計らって、その日の気分でレンズを選んで家を出る。木製のベンチに腰掛けて空を確認する。空が撮ってくれと言わんばかりの表情の時はここで週末最初の一枚を撮る。あ、その前に「本日のカメラ×レンズ」もスマホで撮る。だから僕の週末のInstagramはいつも「今朝の相棒カメラ×スマホ」の写真をポストすることから始まる。

この週末の儀式が終わると、土の道へと移動する。アスファルトの道もあるけど、あえて土の道を行く。横目には水辺。いまの季節はけっこう冷えるんだけど、不思議と土の上はあたたかい。たぶん、物理的にあたたかいんじゃなくて、ココロがあたたかいんだと思う。

服装は大体いつもジーンズだ。僕にとってジーンズは「今日はひざまづいても平気な日」という証だ。ひざまづくとね、目線の高さがこども目線になる。すると立ち姿では見えない景色が見える。もしくは、見える気がする。カメラは大人のおもちゃみたいに思えるけど、正確に言うとこどもみたいな無垢な目線になれる道具なんじゃないかと思っている。

ひざ小僧を汚しながら撮る行為は、僕の中ではとても”生きてる”という気がする。なにか潔癖になり過ぎた世の中で、ザラザラとした自然の感覚を取り戻す週に一度の行為というか、バランスをとる行為。今週も大地を数枚撮る。なんのこっちゃという何の変哲も無い写真なんだけど、それでも撮る。こどもの頃はよく土と遊んだなとかリマインドしながら、撮る。そして、また翌週、アスファルトデーへと帰ってゆく。この繰り返し。土曜日とは、僕には休日というより、土の日である。人生に欠かせないものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA