去年と違うのはGRと年を越すということ。

Pocket

正確にいうと去年もGRと年を越したけど、カメラはD750やP900、P340もまだ一緒だったから、”GRとだけ一緒に”年を越すというのは始めてになる。

今年の5月にD750が入院した時にふとカメラとの過ごし方を再考して、その時持っていたカメラやレンズをすべて手放して、RICOH GRだけ手元に残した。以来、半年ちょっとGRだけで過ごしているけど、いま振り返ると良かったのかなと。いわゆる沼にハマり気味でカメラやレンズが短期間にどんどん増えていき、結果どれも使い倒せていないじぶんがいた。GR以外のカメラやレンズを手放してようやくGRのことが分かり始めているじぶんがいる。そんな気がしている。

そういう意味ではカメラ小僧ではなくなったかな。GRはいつも鞄には入れてあるけど、あくまでカメラは脇役になった。仕事して、ランして、バイクして、スイムして、その合間に気になったスナップを記憶する、そんなカメラの使い方。気のせいか、一眼レフを持って出かけていた頃の「なんか撮らなきゃ」という焦りみたいなものがなくなり、違う意味で僕らしい日々が始まったように思う。でも、たまに望遠で撮りたいなと思う瞬間はあって、GRの広角単焦点を堪能した後はまたいつか一眼レフ×望遠レンズを手元に置きたいなと思ったりもしている。その時はフルサイズを再び持つんじゃなくて、肩の力を抜いてコンパクトなAPS-Cにすると思うな。GRとの生活ですっかり「外へ連れ出しやすさ」に魅せられてしまったから。というわけで今年もあとわずか。そろそろ来年の新しいじぶんをイメージし始めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA