冬のスイッチが入った道をサクサク踏み鳴らす。

Pocket

Ricoh GR

今週あたりから本格的に冬へのスイッチが入ったような気がする。朝晩も気づけばかなり暗くなり、風も半袖には少し寒すぎるように。そして、アスファルトの道を歩く分には気づかなかったけど、こうして週末に少し自然の中に分け入ると、明らかに道も秋冬色に染まっていることに気づく。

小さい頃の癖というか、ついつい葉がたまったところをわざと靴で踏み鳴らして歩いてしまう。けれど、それで冬へのスイッチを足裏でダイレクトに感じるようなところもあって、その感触はとても気持ちいい。ポケットからRICOH GRを何度も取り出して何度もひざまづいて子ども目線で辺りを撮る。カメラは散歩を何倍か楽しいものにしてくれる。さて、もうひと歩きしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA