写真雑誌を眺めるほうがたいせつかも。

Pocket

いまの時代はTwitterやInstagramにさまざまな写真が滝のように流れてくる。それを見るのはたのしいけど、気がつくとあっという間に時間が流れ、あとで少し後悔することが少なくない。もちろん、有益な情報はたくさん流れてくるけど、限られた時間、できればもう少し写真に深く没頭できるように、写真雑誌や写真集、写真やカメラのことを書いた書籍なんかを眺めていたいと思うじぶんがどこかいる。

そもそも僕のアカウントは、TwitterにしてもInstagramにしてもブログ用のアカウントだ。Instagramのほうは写真ポスト用だけど、ここでも他の人のポストした写真を眺め出したらキリがない。いいね!もあまり乱発するとありがたみもどこか薄まってしまうような感覚を覚える。いろんなことに首を突っ込むことは大事だけど、限られた時間=残りの人生だとするならば、浅く広くより、狭くても深く、濃く、生きたいなあ。そんなことを考える中秋の名月の夜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA