写真は、言葉にならない気分をいろいろ代弁してくれる。

Pocket

昔読んだ何かの本に、あるアートディレクターの人が「言葉を表現することが苦手だからデザイナーになった」というようなことを言っていた。またある本には「言葉が下手だから、贈ります。」というようなコピーがあったように思う。考えてみると、表現物とは何でも言葉にならないモノ・コトを代弁したり、例えたり、補ったりしてくれること。写真は特にそういうところがあるかもしれない。目の前にひろがる光景をすべて言葉に置き換えて伝えることはむずかしい。あと昔に撮った写真をわざわざ選んで披露することは、そこにその写真をチョイスした見えない言葉がやっぱりある。何か叫びたいし、何か届けたい。そういう言葉の代弁だと思う、写真は。だから、何もカッコいい写真や美しい写真がいいってもんでもない。そこにはらんでいる意味が大事なんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA