写真の好みが変わってゆくのは、フィルムで撮るようになったからかもしれない。

Pocket

近ごろ、じぶんでも少し気がついてるんだけど、見ていていいなと思う写真の種類が変わってきたなと。具体的にどう変わったかを言葉にするのは難しいんだけど、いわゆる画像っぽいものはじぶんでも撮ることが減って、シーンを感じるようなものが撮りたいという意識があるし、他の人が撮ったものでもそう感じる写真に惹かれる。これは理屈ではなくて、じゃあ人が写り込んでいたら画像じゃなくてシーンなのかというとそうでもなくて、たとえ人が写り込んでいなくてもその場にリアルな空気をはらんでいるようなものが僕の中のシーンの印象。じぶんでもできればそういうシーンを写真で切り取りたいなと考えている。それはたぶんフィルムを始めたせいで、フィルムという写真の質感もそうだけど、寄れないレンズのせいでもあるし、フレームがアバウトなせいでもある。参考に見る写真関連の本もせいや、過去の写真家の撮ったものを眺める機会が増えたせいかもしれない。とにかく、フィルムを始めたその日から僕の中の写真観が変わり始めている。それはたぶん、いいこと。だって世の中はすべて大なり小なりのシーンがあちこちで起きることで形成されている。そんなことにふと目覚めるだけでもとても価値あることだと思うんだ。撮りたいもの、見たいものは、シーンだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA