写ルンですを一年中持ち歩くような軽快さ。街角スナップシューター、Konica C35。

Pocket

Konica C35, Hexanon 38/2.8, Fuji PRO400h

僕は街角を撮る時はコンパクトカメラだ。まあ、照れ臭くて街角でライカや一眼レフは構えられないからね笑。その点、RICOH GRやKonica C35は街の雑踏に紛れることができる。これは大きいんだ、僕には。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, Fuji PRO400h

まさに、サッとさりげなく構えてサクッと撮る、何事もなかったようにね。音もチッとかすかな音しかしないから、まず誰も振り返ったりしない。そう、僕の感覚的には、あの写ルンですを一年中持ち歩いてるような手軽さなんだ。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, Fuji PRO400h

僕はフィルムを始めようとする人にカメラは何がいいか聞かれたら、まず写ルンですを買ってフィルムとの相性みたいなのを確認してみたら?と答えることが多い。でね、写ルンですが気に入ったら、毎回写ルンです買うのもコストがかかるから、じゃあ次は写ルンです的コンパクトカメラを、と。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, Fuji PRO400h

で、おススメするのが、このKonica C35。もう何十年も前のフィルムコンパクトカメラだけど、往年の小西六コニカが世に送り出したこのほぼオートのボディとテッサー型の名玉ヘキサノンレンズの写りは、なかなかシビれるものがある。なんといってもほぼシャッター押すだけだからね笑。写ルンです的でしょ?

Konica C35, Hexanon 38/2.8, Fuji PRO400h

写ルンです的というのは、ほんとシャッター押すだけだから、その分咄嗟にサッと撮れるし、構図選びに集中したりできるということ。街角ではとても重要な要素。カメラのセッティングでグズグズしてると、あっという間に思い描いていたスナップ像は消え去るからね。

Konica C35

昭和の時代の大衆的カメラがこんな高性能だったと思うと、なんて日本は凄い技術立国だったんだと思うし、そんなカメラが今も使えて、しかも一回飲みに行くのを我慢すれば買えるような状況には感謝しかないし、ぜひフィルムカメラビギナーの人に、また近ごろむずかしいカメラに困惑してる人に?笑、おすすめなのである。絶対、期待を裏切らないと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA