僕の趣味はどれも少しニッチなのかな。

Nikon F6, 50/1.4D, Velvia100

僕がひとに趣味と言えるとしたら、フィルムカメラ、ロードバイク、スイミングといったところだと思うけど、これ、どうなのかな、世間の中では少しニッチなチョイスということになるのだろうか。

まあメジャーではないな笑。どれもいちばん愛好家の多い趣味ではない気がする。なぜだろうと考えると、たぶん少し面倒くさいイメージがあるものだからかなと。フィルムカメラはフィルム買ったり現像出したり、撮ったその場で写真は確認できないし、スマホのほうがいいじゃん!と言われそうだし。ロードバイクも高価な自転車をまず手に入れないといけなくて、ヘルメットだのウェアだの揃えて、だったら普通のチャリンコでいいじゃんと。スイミングも、わざわざプールまで行かないとできないスポーツなんて…ランニングでよくね?みたいなね。そうなんだ、たしかに僕が好む趣味は、少しだけ面倒くさいものたちなのかもしれない。

僕が他人と同じことが嫌というのも無くはないと思うけど、こうして少しだけ面倒くさいことが好みなのはなぜだろうと考えると、面倒くさいことが好みなんじゃなくて、面倒くさそうだからやってみる確率が低いだけで、どれもやってみたら最高に楽しかった、ということなんじゃないかと。んー、正しいかな、日本語として笑。僕は本来面倒くさがりの代表みたいな人間だから、食わず嫌いなことが世の中にたくさんある気がするけど、このフィルムカメラ、ロードバイク、スイミングは、ひょんなことからたまたまやってみたんだよね。そうしたら、僕のような面倒くさがりでも思わずのめり込んでしまうほど、つまり面倒くささを伴ってもやりたい!という突き刺さるおもしろさがあったということ。

まあ、唯一難があるとするなら、どれも少しだけ面倒な分、少し時間も余計に必要になる。どれもメンテナンス的なことにやはり時間を要するからね。でも、間違いなく言えるのは、なんでもやってみたほうがいいということ。特に面倒くさそうで躊躇してること。僕の経験から言うと、面倒くさそうだなと思ってることの大半は、やってみると大して面倒じゃないことの方が多い。あ、このブログを立ち上げる時もそうだったかな。じぶんでザーバー借りて、じぶんでドメイン取得して、じぶんで検索なんかしながらブログの体裁を整えていくなんて、最初はあり得なくない?と思ったけど、やってみると意外とできちゃった!みたいな感じでね。まあそんなもんです、なんでも。目の前にイメージとして立ちはだかる面倒くささより、やりたいと脳裏によぎったその気持ちをたいせつにしたい。そんなことを考える月曜日の朝である。さて、僕がまだまだ面倒くさそうと思ってることは何だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA