僕の中の“The Film”、FUJI FILM業務用100。

FUJI FILM業務(記録)用100

正確にはこのパッケージにも書いてある通り「記録用100」なのかもしれないけど、フィルムを始めた頃にまわりの人たちが業務用100と呼んでいたのがあって、僕もいつのまにか「業務用100」と呼んでいる。

過去にも何度かポストしたけど、僕はこの業務用100というフィルムがほんと大好きで、もはや安さという基準を超えて、その撮れ具合が好きだからこのフィルムを常用しているといって間違いない。美しい粒状感で選べばプロ用のPRO400HやEktar100 なんかが好まれるのかもしれないけど、僕はもうちょっとザラっとカラッとしたフィルム感が好きで、いろいろなフィルムを試してみたけど、そこはこの業務用100がいちばんしっくりくる。

あとね、何が好きって、この一色のパッケージデザインが好き。印刷のことを知ってる人なら分かると思うけど、この業務用100はいわゆる一色しか使っていないから印刷代も安い。大量に作られるモノだから、この印刷代の違いはかなり大きなはずで、そのコスト節約が業務用100の安さにもつながっているのは間違いないところ。この白地に緑一色のパッケージが今ではかなり愛おしいくらいの存在で、毎回フィルム交換のたびにジワジワと感動していたりする。なんだったら、日本グッドデザイン賞をあげたいくらいなんだけど、どうだろう笑。

フィルムのことでいえば少し気になることがあって、それは感度400のフィルムが微妙にこの世から姿を消しているところ。FUJIのX-TRA400の生産終了に続いて、AGFA Vista400もどうやら生産終了らしい。僕がいきつけのキタムラには業務用400は置いていないから、けっこう切実な問題なのだ。FUJIのNatura1600の生産終了も聞こえてきた昨今、高感度のフィルムが少しずつ姿を消すのはやっぱりこの先少し心配なんだよね。ふだんは感度100派なんだけど、感度400も地道に購入し続けなくては、と思ったりしている。一日でも長くフィルムを楽しみたいからね。

高価買取ならカメラのリサマイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA