僕の中の28mmは、考えることを放棄する世界。

RICOH GR, GR Lens 28/2.8

これは完全に僕個人の見解だけどね。僕にとっての28mmとはほぼGRのことを意味するんだけど、あれだけ苦手意識のあった広角を曲がりなりにも撮れるようになったのはGRのおかげで、GRがなかったら今も僕は広角とは仲良くなれていなかったと思う。

とはいえ、RICOH GRが教えてくれた、気づかせてくれたのは、28mmを撮る際のノウハウとかコツではないんだ。強いて言うなら「広角は考えるな」ということ。なぜなら28mmは僕の視界より少し外側が写り込んでしまうんだ。じぶんの目で目の前の光景を切り取ったつもりが、好むも好まざるも意識していない少し外側の世界が入り込んでくるから、僕の抱いた画角の世界とは少し異なる印象の写真が撮れてしまう。少しとはいえ、写真の端に想定しないモノが写り込む影響はかなりでかい。何度も撮るけど、これはもうどうしようもない。ある種の「放棄」の世界だ。思い通りの写真を撮ること、何か考えを巡らせて撮るなんてことを諦めさせてくれるものがそこにはあるような気がする。

そう思い始めてからは、実に楽になった。考えて撮らない、どうせファインダーはないし、モニターを凝視してる暇もない。そんなあれこれ考えてるよりは一枚でも多くシャッターを切る。そんなことをGRは教えてくれたように思う。僕はスナップ向けカメラといわれるものはGRしか知らないから、他のカメラでのぞく28mmの世界のことはよくわからないけど、GR的にはそう思ったし、僕的にはその解釈によって28mmが楽になり、好きになった。人間の視界の外側が少し写り込む微妙な違和感のある世界。そのザラついた感じがとても心地いいんだ。思い通りになることがなにも気持ちいいというわけではないことを、このカメラは教えてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA