僕の中では、カメラを持ち出す時に「コンビ」がある。

Pocket

Nikon Df + 50/1.8G , Nikon F6 + 50/1.4D

絶対というわけじゃないんだけど、なんとなくコンビが存在するんだよね。例えばこの写真のように「Nikon DfとNikon F6」。前にも書いたけど、デジタルだけどフィルムライクに撮れるDfに対して、フィルムなんだけどデジタルライクに撮れるF6。僕の中では真逆のコンセプトを持つこの2つのカメラがフィルムとデジタルをシームレスに行き来する決定的なコンビとなった。

次にあげるコンビが「Leica M3とNikon F2」。共に完全機械式シャッター機だけど、レンジファインダーと一眼レフという、これまた正反対のようでそうではなくお互いを補い合うようなコンビ。今はF2を修理に出しているから同時に持ち出すことはないけど、F2を使うとM3が使いたくなって、M3を使うとF2が使いたくなる、そんな絶妙の相互関係がこの2つのカメラにはある。

その次はコンパクトカメラのコンビ「RICOH GRとKonica C35」。見た目のコンパクトさも、ほぼオートで撮れるいかにもスナップ向きの操作性も、あと単焦点レンズである点もそうかな。デジタルとフィルムだけど、僕の中ではやっぱりコンビで、荷物に余裕のある時は平日の鞄の中にはこの2つのカメラが入っていて、シチュエーションに合わせて使い分けたりしている。

あとは意外と外せないコンビ「Nikon FEシルバーとNikon FEブラック」。これはさすがに2台を同時に持ち出すことはないけど、元々はシルバーに50mm、ブラックに35mmをつけて、同じボディで2つの焦点距離を持ち替えて楽しみたいと思ったんだよね。その後カメラもレンズも増えたから、この50mm&35mmの使い分けはしなくなったけど、FEは僕が初めて手にしたフィルムカメラだから思い入れがあるのと、2つともラフにガシガシ使い倒せるというところが、無くてはならないカメラとなっている。

さて、残りはNikon D300なんだけど、このカメラだけは今のところコンビが無い。ひとつだけコンビ無しというのも淋しそうだから、ここはやっぱりNikon D700を揃えてあげるべきなのか笑。Nikonが最も凄みがあって輝いていた時代のAPS-Cフラッグシップ機と、その兄貴分的なフルサイズ中級機。いや、カメラはもう増やさないと決めたんだ。D300には望遠撮影を担ってもらっているちょっと特別な使い方のカメラだから、同じくちょっと変わった使い方のカメラとして防水カメラをコンビにしてあげようかな、などと考える今日この頃である。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA