僕のフィルム枚数が加速したのは、間違いなくKonica C35と業務用100の組合せのおかげだ。

Pocket

カメラは眺めるものじゃなくて撮影に使う道具だ。外に連れ出してシャッターを切ってなんぼなものなわけだけど、Leica M3やNikon F2といった本格的な機械式カメラを常に持ち歩くことはむずかしい。少なくとも僕のライフスタイルでは常時外に持ち出すことは至難の技だ。そこで常時スナップ用カメラとして活躍してくれているのが、フィルムコンパクトのKonica C35。プログラムオートで撮れるC35は、感覚的に言えば使い捨てではない写ルンですを常に持ち歩いているような、そんな手軽さだ。実際、僕がC35に常に入れているフィルムはFUJI FILMの業務用100。このC35と業務用100という手軽な組合せが、僕にたくさんのフィルム写真を撮らせてくれる。今週撮りきったフィルムたちもほぼこの組合せのもの。仕事の合間、家族とのお出かけの合間、とにかくこの組合せのカメラとフィルムが僕に心地よさを注入してくれる。フィルム一眼レフカメラを買ったもののなかなか撮りに連れ出せていない、という人は、ぜひフィルムコンパクトを普段の相棒にしてみるといいと思う。フィルムコンパクトでフィルムとの距離をぐっと縮めて、週末、時間がゆっくりある時に一眼レフや本格レンジファインダーでフィルム生活を締めくくる感じ。やっぱりなんでも慣れって重要で、フィルムだって毎日撮っていればそれとなく感覚が身についてくる。僕はこのフィルムコンパクトと業務用100がなかったら、ここまでフィルムを愛する気持ちは加速しなかったろうなと思うから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA