僕のフィルム心を再びくすぐってくれたLeica IIIaには感謝してる。

Pocket

Leica IIIa, Elmar 50/3.5

しばらくこのLeica IIIaの記事が続いてるけど、それほど気に入ったということなんだ。軽量コンパクトとか、赤エルマーの写りだとかいろいろ長所はあるんだけど、ひと言でいえば「肌身離さず持っておきたくなるカメラ」ということに尽きる。

Leica M3もNikon F2もNikon F6も素晴らしいけど、肌身離さず持っておきたいと思わせるスナップカメラとしての魅力においては、ちょっと断トツかな。それくらいLeica IIIaには開発者バルナックが思い描いたコンパクトなカメラとしての素性が濃密に宿ってると思う。

精巧な写真を撮ろうと思えば他のカメラでいいし、AFで一瞬を逃さない写真ならやはり他のカメラでいい。でも、ふらりと外へ出かける時にサッとポッケや鞄に放り込んで撮るなら、このIIIaが俄然イチオシに躍り出る。どんどんカメラがハイテク高度化する時代に、この存在感は相当貴重だと思う。カメラを始めてここへたどり着くためにいろんな試行錯誤があったけど、たどり着けて本当によかったな、そう思わせるカメラなのである。

「僕のフィルム心を再びくすぐってくれたLeica IIIaには感謝してる。」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。私もバルナックのDⅢを使っています。ストラップも多分色違いだと思います。
    本当に良いカメラですよね。フルサイズのデジカメも処分してしまい、今はこれ一台です。
    特にモノクロがいいと思ってますが、最近は直ぐに現像できるところが少なくて。
    これからも楽しみにしています。

    1. D IIIにAAAの布製ストラップ、いいですねー。バルナック一台にたどり着く感じは、今となってはとてもわかる気がします。僕もエルマーは当時のようにモノクロで撮りたいという思いが少なからずあるのですが、思いのほかカラーネガも素晴らしいので、C-41現像で楽しんでいます。モノクロはC-41現像できるILFORD XP2で一度試してみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA