僕にできるのは、フィルムで撮り続けて、ブログを書き続けること。

Pocket

ずっと趣味らしい趣味がなかった僕に、カメラは”ハマる”という楽しさを教えてくれた。そしてデジタル以上にフィルムとの出会いが、写真の味わい深さみたいなものを気づかせてくれた。世の中は多少フィルムブームではあるのだろうけど、それでも圧倒的に少数派。このままやがては消滅するんだろうか。消滅せずともフィルムは高価で気軽に楽しめるものではなくなっていくのだろうか。何も答えはないけど、世の中が失ってはいけないものを失いそうな気がして、どこか心がザワザワする。僕にできることはフィルムの写真を日々撮り続けることだけ。そして、そのよさみたいなものをこうして小さな声だとしても発信すること。今日からツイートにタグを付けようかな。静かにいろいろ考え始めてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA