休みの最後はライカと決めている。

Pocket

今週末は三連休だから、明日もう一日休みがある。はやく世の中が週休3日制になればなとつくづく思う。やっぱり土日二日間と三連休では全然リフレッシュ感が違うし、物理的にできるコトも増やせる。例えば出動するカメラの話。

僕はこの二日間で4台のカメラを持ち出した。使った順に、Nikon F6、Nikon Df、RICOH GR、Nikon FEかな。F6とDfは二日間とも出動しているから、いいペースだ。GRとKonica C35は基本平日用、Nikon D300は望遠の時用ということでいえば、週末用カメラは残りNikon F2、そしてLeica M3だ。ちなみにD300は先週息子の運動会で丸一日堪能したし、F2はそれこそ現像があがってきたばかり。つまり、僕の三連休の残り一日は、確実にM3を連れ出してやろうということになる。週休3日制となると、ここまでカメラを連れ出す範囲が広がるから、それはやっぱり素晴らしい。

と、ここまでは三連休の話だけど、そもそも僕の場合は、休みの最後の日はLeica M3を連れ出すことが多い。それは、所有するカメラの多くがNikonの一眼レフで、休みともなるといかにも撮った!という感触のある一眼レフをまず触りたくなる。で、そうこう一眼レフばかり触っていると、やってくるんだなあ、ライカに触れたいという反動みたいな衝動が。で、休みも最後のほうになるとほぼ毎回M3を連れ出して”仕上げ”みたいなことになる。

いま僕のM3の中にはコダックのEktar100が入っている。たしかまだ数枚しか撮っていない。後生大事にというわけではないんだけど初めてのEktarだから、やたらめったらはシャッターを切らずに、家族の写真とか大事な一枚をゆっくり撮っている状態。だから、明日もきっと数枚しか撮らないと思うけど、それでも外の空気の中に連れ出すとカメラを適度に日光にあてて乾燥させられるし、各部の機械の動きをほぐすことにもなる。なにより、連れ出してあのファインダーの中をのぞくことに意味がある。慌ただしい愛犬との散歩カメラで距離計だのみで撮るか、それとも家族または一人で出かけ直してゆっくり撮るか、それは明朝の気分で決めたいと思うけど、とにかくM3を休みの最終日にわずかでも連れ出すことだけは前夜のこの時間に決まっている。ライカというカメラは、飾り奉るカメラじゃなくて、ラフに連れ出してやってこそ生きる、ある意味アバウト(ファインダーの中のフレーム枠の曖昧さも、距離計を細かくはこだわらないところも)なスナップ用カメラ、少なくとも僕はそう思ってるから、まさしくラフに連れ出してナンボ。フルメカニカルシャッターのレンジファインダーは、僕にカメラはラフでいいんだよと毎回教えてくれる。さて、そろそろ眠るとするか。明日のライカの出番などをうとうと考えながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA