今日ちょっと確信したけど、僕はLeica M3とKonica C35がやっぱり好きだな。

Pocket

Konica C35, Leica M3 + Carl Zeiss Planar T*2/50ZM

なんていうんだろうな、初恋の人たちというのかな。僕のフィルムカメラ人生のルーツ的2台、Leica M3とKonica C35。この二つのカメラのことをあらためていいな、と感じた日だった。

特別なことがあったわけじゃない、両親に会うのにKonica C35を持ち出し、ふと目の前の街並みをサッとC35で撮り、あ、いいな、この感じ、と。なにかを思い出すように撮ったその感触が、帰宅してからLeica M3を手に取らせた。しかも、レンズは僕がM3を手に入れた時からずっとつけていたCarl Zeiss Planar、この組み合わせがいいなと、目と手、脳が思い出したんだよね、何かをね。

夕方の愛犬との散歩は、この2台を持って出かけた。なんてことないいつもの散歩道を撮った。とても心地よかった。言葉にするのはむずかしいけど、あ、この感触だと思った。素のガラスのファインダーの中にフレームが現れて、サッと辺りを切り取っていく感覚。いつのまにかいろんなレンズやカメラが僕の元へ集まったけど、きょうははっきりとこの2台の、この飾らない撮り味が好きだなと確信した。

そうやって考えると、僕はフィルムを始めた初期に、この2台に出会ったことは大きかったんだろうなと思う。正直あまりこの2台のことは知らないまま、中古カメラ店で手に触れて直感的に手に入れたカメラたちだけど、その後手に入れたいろんなカメラたちがある中で、こうしてあらためてフィルムカメラを始めた頃の2台のことを好きだなと再確認できるのは、けっこう幸せなことなんじゃないかと思う。

じぶんにとって特別なカメラが少しずつだけど分かってきた気がしている。あと2、3台かな、かすかに絞り込まれている感覚があるけど、そこは急がず、じぶんが心の底から人生という貴重な時間を共にするカメラたちを選りすぐっていきたいと思ったりしている。手持ちのカメラたちをじっくり試した先にある、僕の記憶カメラのひとつの到達点としてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA