一眼レフよりラフに付き合ったほうが、GRはよろこぶ気がする。

image

僕がD750で撮ってい時はすごく構えて撮っていた。というか、構えて撮るその儀式みたいものが好きで、それで一眼レフを手に入れたようなとこがある。カメラを買うきっかけになったオリンパスOM-DのCMで「カメラは構えるものだ」というフレーズにやられてたこともあるしね。

それと比べるとGRは構えるということをまったく意識していないじぶんに気づく。正確には構えてるんだと思うけど、一眼レフの時のように”よし”みたいな心のひと呼吸は置いてない、そんな感じかな。コンデジだから手に持った感覚として構えないというのもあるけど、なんというか”構えないほうがGRは喜んでる”そんな写真が撮れる気がし始めたからというのも大きいなと。

GRで撮る写真はピントが合ってるかとか気にしない。あと綺麗に撮れること自体もあまりどうでもいい。それよりは目の前のリアルな空気感を記憶できることに重きをおくというか、撮り手の企みとかあざとさみたいなものを排除したくなる感覚とでも言おうか。それが、いわゆる”スナップシューター”としてのこのカメラの最大の使い心地なのかもしれない。一眼レフがいいとか、GRがいいとか、そういうことではなくて、GRで写真を撮るとはそういうことという僕のいち感想。手ブレ補正がついていないこともあって、撮った後に写真を大きくして見てみるとけっこうブレだ写真を量産してる。そんな中ほんの一枚とかブレてるのとピントがきてるのとのギリギリ狭間にあるような写真が撮れていたりする。で、そういう写真が好きな今の僕がいる。今のところ、GRで撮る僕の様子。今後どう変わっていくかはわからないんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA