一眼レフとレンジファインダー、どっちも必要な理由みたいなもの。

Pocket

僕の場合は所有台数の比重からいって、一眼レフを使うことのほうが多い。でも、だからといってレンジファインダーはいらないかというと必要なんだな。それは物理的に必要というより、恋しくなる感じ。というのも、一眼レフばかりで撮り続けてると、ふと疲れる時があるんだよね。ファインダーの中を凝視して、獲物を捕まえるようにシューティングするそれは、いかにも撮影しているという高揚感があるわけだけど、世の中のあらゆることと一緒で、そらばかりだと少々刺激が強くて疲れる。そんな時にレンジファインダーに持ち替えるんだ。そこには高揚感とは少し異なる、癒しというかほどよい軽快感というか、時間がゆっくり流れ始めるようなリセット感がある。写真の質やシチュエーションによってカメラを物理的に持ち替えることももちろんあるけど、僕の場合はこうして気分のチューニングをするのに一眼レフとレンジファインダーを使い分けてるところがある。使い分けてるというより、補い合ってるというほうが近いかな。カメラに機能や利便性だけじゃなく、心のよりどころみたいなものを求めてるほど、このカメラチェンジは重要なんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA