ロードバイクで走ると、歩きや車では見られない風景に遭遇できる。

Pocket

朝起きて散歩カメラをした後、気持ちのいい太陽光線に誘われてロードバイクで出かけてきた。オープンカーと同じで風を浴びて走るロードバイクは初夏の前の今の季節がいちばん最高の季節かもしれない。背中にはスナップ撮影用のKonica C35をのせている。しばらく走るともう風景の色が違う。この写真はiPhoneカメラで撮ったものだけど、フィルターは何も使っていない。緑がまぶしくて、加工は何もいらないのである。向かい風が強かったのもあって、きょうはゆっくり走ることをテーマに、走りながらスナップ撮影ポイントを探すんだけど、これはもう無理だと思った。とにかく辺りがどこも春らしい生命力に満ち溢れた絶景だから、こんなどこもかしこも撮影してたらまともに走れたもんじゃない(笑)。結局は十数枚ほどKonica C35で撮った。現像が楽しみだけど、たぶん僕が思う以上に夏っぽい写真が撮れているんじゃないかと思う。そういえば、きょうは職場の後輩のロードバイク納車の日。ゴールデンウィーク前に納車ができてよかったねなんて話してたけど、この季節からロードバイクに乗り始めると、どこに行っても絶景で素晴らしい眺めだから、たぶん彼はちょっと人生観変わるだろうな。歩きでもない、車でもない、ロードバイクだから見える景色がある。ロードバイクとカメラは最高に相性のいい組み合わせだと思う。いろいろ出し切って満足したから、疲れた体を癒すのに少し眠ろう。いい具合の疲労感だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA