フルサイズFX最軽量のDfに、NIKKOR最軽量の50/f1.8Gをつけて。

Pocket

このタイトルの表記はおそらくなんだけど。Nikonのフルサイズ機であるFXシリーズの中で最軽量のDfと、現行AF-S NIKKORラインナップの中で最軽量であろう50mm/f1.8Gの組み合わせは、僕の想像を超えて文字通り「軽い衝撃」だった。

この50/1.8Gを所有するのは初めてではない。実はこのレンズは僕が初めて手にしたレンズであり、過去にD5300とD750に装着してその魅力は十分すぎるくらい知っている。いかにも一眼レフらしい豊かなボケが堪能できて、しかも特筆すべきはその軽さ。過去にもブログで触れてきたけど、このレンズと一眼レフの組み合わせの驚くほどの軽快感が、僕に一眼レフの重さを気にさせない印象を最初に植え付けてくれた。けれど一度は手放して、フィルムカメラとMFレンズへ移行した僕にとって、もう手にすることはないだろうと思っていたAFレンズ。それが、またこうして僕の手元に帰ってきた。今度はDf専用のスペシャルエディションとして。

写真のように、このスペシャルエディションの50/f1.8Gは通常のモデルとはデザインが異なる。通常タイプはいわゆる現行Nikkorと同様にブラックにゴールドがあしらわれたデザインだけど、このスペシャルエディションはDf同様に往年のオールドニッコールをモチーフにしたブラック&シルバーのデザイン。まさにDf登場のために用意されたDf専用デザインのレンズだ。Df唯一のレンズキットでもある。僕はDfには手持ちのMFレンズたちを装着しようと、Df購入時はボディだけしか買わなかったんだけど、このフルサイズ最軽量のボディをもっと堪能しない手はないと思ったのと、このレンズの作例を見た時に現行レンズらしいキレのある描写にあらためて驚き、もう一度買い直すことを決めた。ブラックにシルバーの細いラインが入るデザインは、Dfに実によく似合う。そして、おそらくDfに唯一似合う現行レンズではないだろうか。それが再び僕に50/f1.8Gを手にさせる決め手となった。

僕にとってカメラの軽さとはかなり重要な要素で、スナップを撮る楽しみの上では、軽さこそ最高性能かもしれない。その軽さがカメラを外に連れ出しやすくするし、僕の脚も自然と散歩カメラへ向かう。その意味で、このDfと50/f1.8の組み合わせは、フルサイズながら最強といっていい。D750と50/f1.8Gの組み合わせ以上に軽いその持ち心地は、実にスナップ心をくすぐってくれる。価格も現行レンズの中では最軽量。とにかく今は週末の散歩カメラが楽しみでならない。Dfとオールドニッコールをマニュアルで楽しむことが僕の原点ではあるけれど、一本は持っておきたいと思わせるAF単焦点レンズなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA