フィルムで撮るようになって、じぶんの写真は変わったようでもり、変わらないようでもあり。

Pocket

もちろん、フィルムらしい風合いという意味では変わっただろうし、デジタルとは異なるその風合いの違いに僕も魅せられているんだとは思う。でも、それだけではない写真全体において、僕の写真はフィルム以前とフィルム以後で何が変わったのかというと、変わったようにも思うし、変わらないようにも思う。つまり、あまりじぶんでは明瞭にその変化は言葉にできないというのが本音だ。他人の写真や、その変化みたいなのはよく見えるし分かるのに、不思議だなといつも思う。ある意味、一生分からないのかもなと思ったり。そういうことをツベコベ言わずにとにかく撮ろう、撮った先に何かがあるんじゃないかというのが、僕の今の写真と向き合う心境である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA