フィルムで、カメラがもっと好きになる。

Pocket

僕がこうしてブログをコツコツと続けられているのは、僕の記憶のストック場所ということもあるけど、少なからずブログを見てくれている人がいるから。今夜もTwitterでとある写真好きの方がこのブログのことを紹介してくれて、嬉しかったし、励みになった。印象的だったのは「カメラがもっと好きになるブログ」というような紹介をしてもらったこと。このフレーズはじぶんでもすごく新鮮だった。

僕はひとにカメラの機能や性能を教えられるほどの知識はまったくないし、撮る写真にしたって芸術性も創造性もない。だから、そういうカメラ知識や撮影テクニック、作例レビューなんかはもっと詳しくブログやツイートで紹介されてる人をチェックしてもらったほうがいいと思っている。僕だってそうしてるし。でも、僕がそうなように、カメラの知識云々よりも、カメラがあると日常がちょっと豊かになる感じを考えてみたいという人のためなら、こんな僕でも少しはお役に立てる記事が書けるんじゃないか、みたいなことを励みにこうしてブログを更新していたりする。

実際、カメラがあることで僕の毎日は、時間を素通りさせずに、わずかずつだけど時間が止まる抑揚のようなものが出てきた気がする。そして、フィルムにたどり着いた今、写真を撮ることの本質的なおもしろさを一から見つめ直す楽しさを感じているし、それを色濃く体感させてくれる個性豊かなフィルムカメラたちに本当にワクワクしている。そんなフィルムカメラビギナーでもある僕の日々思うこと、感じることが、誰かの参考になったり役に立ったりすれば、こんな嬉しいことはないなと。このブログに驚くような発見はないけれど、そう、カメラのことがもっと好きになる小さな発見の数々を少しずつ綴っていけたらなと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA