フィルムだから、時差桜。

Pocket

きょうは月曜日だから現像の日。週末に撮った桜の写真は、フィルムだとこうして時差をともなってあがってくる。しかもこの桜は先週の週末のものかな。もはや、リアルタイムで見られないフィルムの写真サイクルにも慣れてきて、こうして後日に現像した写真を見ることがペース的にも心地よくなってきた。一、二週間でもそうなのだから、これが一年前、数年前のフィルムの現像だとしたら、かなり感慨深いものがあるだろうね。

それにしても、僕の写真に色が戻ってきたなとしみじみ思う。しばらくRICOH GRでモノクロームの写真ばかり撮っていたけど、フィルムカメラで撮るようになりFUJI業務用100越しの写真は当然カラーばかり。露出計アプリでゆっくり撮るようになってからは、そのカラーフィルムの写真も少しコツというか撮りたい絵の描き方が分かってきた気がする。

色々ためしてみる、ってこういうことなんだな。失敗も含めてたくさん手で、目でその時の撮っているじぶんの感覚みたいなものを思い出しながら、そうなるのかあとか、次はこうしようとか、いろんなことが体感的に身についてゆく感覚。それがまた気持ちいい。あと、やっぱり業務用100っていいなと。美しいとかそういうものとは違うけど、生っぽさと懐かしさの混ざり具合がけっこう絶妙な気がする。それはLeicaでもNikonでもKonicaでも感じること。いいフィルムを使ってみたいという衝動にもかられるけど、僕はこれでいいや、というかこれがいいかも、と思い始めてさえいる。業務用100を極めてみる。それもまた究極の楽しみ方かもしれないね。というわけで今年の桜の写真はこれが最後(たぶん。忘れ去られたフィルムが出てこないかぎりは笑)。来年はもっと違う表情の桜が撮れるようになっていればいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA