フィルムが好きな僕がデジタルを選ぶとしたら、DfかX-Pro2、α7IIかな。

Pocket

写真はLeica M3。撮影はNikon F2。

まず前提として僕はカメラの性能とか機能のことについては詳しくない。だから、このチョイスはあくまでフィルム好きな僕のフィーリングの話ということでご容赦を。そんな僕が、フィルムで撮ることと同じような感覚でデジタルを楽しむことを基準に現代のカメラを選ぶとしたら、今のところこの3選かなと。それは、Nikon Df、FUJI FILM X-Pro2、SONY α7II。

Nikon Df。写真はNikon公式サイトから

まずは僕が実際に所有するNikon Df。ISO感度やシャッタースピードは軍艦部のダイヤルで調整する昭和のフィルムカメラのようなフォルムデザイン。不変のFマウントといわれる往年のオールドニッコールのレンズも使え、フィルムを使わないこと以外はまさにフィルムライクでマニュアルライクな撮影が楽しめる。その特徴的なレトロなフォルムは眺めるだけでも心地いいという人が少なくない。写りの方もフルサイズで余裕があるし、何よりNikonフルサイズ機の中で最軽量なんで、外に持ち出しやすいカメラとしても優秀だ。Nikonファンならそのレンズ資産を活かす意味でもいちばんにおすすめするかな。

FUJI FILM X-Pro2。写真はFUJI FILM公式サイトから

次に気になるとしたら、僕はこれ、FUJI FILMのXシリーズフラッグシップ機であるX-Pro2。これもDf同様、そのフォルムからしてフィルムカメラをイメージする雰囲気がすごくいい。APS-Cサイズのセンサーだけど、そこはフィルムメーカーであるFUJI FILMが世に送り出すだけあって、作例を見る限りでは綿密な写りを醸し出す。僕も実際に店頭で何度かさわってみたんだけど、実物はさらにいい。いいモノ感がプンプン漂っていて、いつも触るたびにあやうく買いそうになる笑。FUJI FILMらしく、フィルムシミュレーションといってVelviaやProvia、Acrosなどの写りを再現する感覚が楽しめる。あと特徴的なのはハイブリッドファインダーで、光学ファインダーと電子ファインダーを切り替えて楽しめる。もうなんだか完璧でしょ。

Sony α7II。写真はSONY公式サイトから

僕はフィルムをやるまでSONYならカメラのことはまったく意識していなかとたんだけど、フィルムカメラとオールドレンズを楽しむようになって、俄然このα7IIが気になる存在になった。特徴的なのはなんといってもオールドレンズを楽しめること。フィルムをやるようになって辺りを見回すと、このα7IIにさまざまなオールドレンズをアダプターを介して装着して楽しんでる人が実に多いことに気づく。このα7IIには強力なボディ内手ぶれ補正機能が搭載されていて、いわゆる手ぶれ補正のないオールドレンズたちでもラフに撮影を楽しむことがができる。店頭でさわってみたけど、そのシャッター音なんかは逆に未来的で、いかにも現代のフルサイズミラーレスらしいハイブリッドな感じがまたいい。すごく売れてるというのも納得がいく。

僕は特に機械式のフィルムカメラが好きだけど、かつての時代のカメラたちは例えばシャッタースピードが1/1000程度だったり、感度がどうしても低くなること、あとはフィルムコストのことなんかもあって、できればフィルムもデジタルもオールマイティに楽しめるデジタルカメラが一台欲しいという気持ちはよく分かる。それでもすべてカメラ任せの自動じゃなくて、カメラを操ることをかつてのフィルムカメラのように楽しみたいという願望はどこかあったりする。そんな人たちには、この3台のようなカメラならけっこう、いや相当カメラライフを濃くできるんじゃないかと思う。ほんと感覚でざっと書いたから間違いな表記があったらごめんなさい。でも、カメラは感覚で選ぶことも重要。もしフィルムカメラで撮る人間がデジタルを選ぶとしたらどんなモノたちになるか、そんなことをフィルム好き目線でちょっと書いてみた。よかったら参考に。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA