パリ〜ルーベを走破するために生まれたSpecialized SL4。

今日ポストしたロードバイクの話の続きを。僕が乗っているエンデュランスロード”Roubaix:ルーベ”の名前は、世界最高峰のロードレースのひとつ「パリ〜ルーベ」からきている。Specialized Roubaix SL4はまさにそのレースを勝ち取るために生まれたロードレーサーだ。僕のグレードは同じRoubaixでも入門車だけど、その最高峰グレードと同じコンセプトで生まれた背景にはなんというかビンビンくるものがある。この動画にも出てくるけどパリ〜ルーベの名物はなんといっても石畳のコース。車体を突き上げる振動、スピードを奪う凹凸の連続のこの過酷なレースを勝ち抜くために設計されたロードバイクは、まさに最高峰のレースが実験場で生まれた最高峰の性能といえる。惹かれるプロダクトには必ずと言っていいほど惹かれるストーリーがある。そして、そのストーリーに魅せられるローディたち。たまらない世界観だ。ロードバイク、無性に乗りたくなってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA