“ニコン愛”というのは上手く説明できないけど、あるんだ。

Pocket

さっき赤城耕一さんのツイートで”ニコンに劇的大復活あるかも”という記事を見て、なんだか嬉しかったなあ。記事の中身までは僕の知識では深く理解はできないけど、こうして記事になるだけでも機運が感じられてワクワクするじぶんがいる。

僕の手元にはいま、Nikon、RICOH、Konica、Leicaという四つのブランドのカメラがあるけど、なんというかNikonは特別なんだ。初めて手に入れたカメラがNikon D5300というのもあるけど、以来複数台所有したカメラはNikonだけ。Nikon D5300、D750、Coolpix P340、P900、そしてフィルムカメラのFEが二台にF2、そして今意中のF3がキィートスからお店に帰ってくるのを待っている。僕はネットオークションで買う審美眼というかボディに手を入れる知識や腕がないのでオークション購入はしたことがなく見るだけなんだけど、いつもやっぱりNikon機ばかり見てる。何なんだろうなあ、このニコン愛みたいなものは。ふと、いつもそう思う。

理屈でいえば、ニコンのその道具感みたいなものが好きなわけだけど、理屈抜きでニコンが愛おしいと思うじぶんもいて、他のニコン好きの人なんかの愛しようを見ても、このニコンというブランドには特別な愛情を抱くファンが特に多いように思う(ペンタックスファンもそういうのを感じるかな)。そこに何か理由を見出そうとするなら、やっぱり実直で生真面目にカメラづくりに取り組んできた姿勢みたいなものにみんな心打たれてるということになるのかな。他のブランドだってみんな技術者たちは相当なカメラ愛なんだろうけど、その中でも特にニコンにはそういう香りがするように僕には見える。あの手から伝わってくる機械に込められた魂のような凄み、あれは僕の中ではニコンとライカに共通する何か特別なものなんだよな。がんばれニコン!僕らもがんばる!というのが密かに思う一ユーザーとしての思いなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA