デジタルよりフィルムがいいというわけじゃないけど、今しか撮れないという儚さはやっぱりある。

Konica C35, 38/2.8, Fuji業務用100

僕は今となってはフィルム派というわけじゃない。デジイチでも撮るし、撮影頻度でいえばNikon Dfで撮ることの方が多いかもしれない。でも、なるべくフィルムで撮ろうとしてるし、こうしてブログやSNSを通じてフィルムのおもしろさをひとりでも多くの人に伝えようと思うのは、

フィルムが今しか撮れないものだから。

正確に言うと、フィルムはなんだかんだで未来まで生き残るかもしれない。それはそれで嬉しいけど、年々シュリンクしていく様子を考えると、このままいけばどうだろう、あと数年、いや十数年くらいの命かもしれない。僕が期待するのはライカの存在で、フィルムライカがあるかぎり、この世からフィルムが無くなることはライカが許さないというか、そういう淡い期待もあるわけだけど、普通に考えたらフィルムの命はそう長くないと考えるほうが無難だろう。

ということは、つまり、この時代を生きている僕らは、デジタルの恩恵を最大限享受しながら、同時にフィルムを体験できる貴重な世代というか、フィルムが使える最後の数十年を生きているのかもしれない。であるなら、このフィルムという写真のルーツをやっぱり体験しておいたほうがいい、そう思うところがどこかあるんだ。フィルムカメラも然り。カメラがこれだけエレクトロニクスでハイテク化しても、その原型はフィルムカメラの構造から。カメラというプロダクトのポテンシャルをはかる意味でも、まだ使えるうちはフィルムカメラも体験しておいたほうがいいと。

フィルムで撮った写真には独特の風合いや趣があると言われるけど、僕はあれ、命が短いものに感じる儚さみたいなところもあると思う。ノスタルジックさは、単に質感の話ではなく、過ぎ去るものへの郷愁でもあるよね、やはり。僕はこれからデジタルの可能性みたいなものもすごく期待してるけど、同時にフィルムがなんとかして撮れる間は、フィルムカメラでも撮り続けたいなと考えている。今後、なんらかのかたちでフィルムが生き延びていけばそれはそれで儲けもん。でも、無くなることを前提というか覚悟して、意を決して撮るというのもどこかある。あいかわらずフィルムコストとのせめぎ合いは続くけど、そこのところはフィルムが無くなるのが先か、僕がフィルムについていけなくなるのが先か、根比べだね。でも、デジタルで撮りつつも、たまにフィルムで渇きを癒す、そんな日々がこれからも続くといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA