デジタルでも、オールドレンズ&マニュアルで撮れば楽しいんじゃないか。フィルムで撮るようになって思うこと。

Pocket

きょうは久しぶりにデジタルのことも少し書こうかと。僕がデジイチで撮らなくなってから一年と少し経つ。デジタルのGRでは今でもたまに撮るけど、メインはこの春からフィルムカメラだ。フィルムはたしかに楽しい。フィルムらしい空気感のある写真の仕上がり、そしてメカニカルなカメラをじぶんで動かすおもしろさ、僕はすっかりその魅力にハマってしまい、もともと数をたくさん撮るほうだったけど、フィルムでも日々スナップ写真をたくさん撮ることを楽しんでいる。でも、よくフィルムやってる人から聞こえてくるのは、やっぱりそのコスト。フィルム代はお得なフィルムを選ぶことでやりくりできても、とうしても現像代やデータ化代はかさむ。自家現像すればいいのでは、というのもあるけど、忙しい毎日の中でそこまでカメラに時間を割けない人のほうが多いんじゃないだろうか。フィルムは好きだけど、フィルムにはそれなりにコストがかかる。ここはカメラを気軽に楽しむには実はなんとかしたいところでもあると思う。

そこで、デジタルの話なんだけど、よくよく考えると、デジタルがこれだけ世の中で支持されるのは、ランニングコストを気にせず大量の写真を撮ることができ、しかも撮ったその場で仕上がりを確認できるという点で、それは現代を生きる人間の特権として有効に使っていいんじゃないかということ。そう、デジタルのいいところだけを拝借して、カメラ本来のマニュアル操作感やMFのオールドレンズをコストを気にせず存分に楽しむということは実はかなりいいとこ取りのカメラの楽しみ方なんじゃないかということ。僕がデジタルをやっていた頃にもったいなかったなと思うのは、ほぼオートで写真を撮ってしまっていたこと。一眼レフを絞り優先で撮ってたんだけど、露出の知識もなかったし、感度のことも無頓着だったから、ボケの美しさやレンズ交換なんかはたしかに楽しんでたけど、感覚的にはスマホカメラの延長線上ぐらいでしかカメラの楽しみを引き出せていなかったと思う。でも、多少なりともフィルムカメラでマニュアルで撮る知識ができた今なら、例えデジタルでもカメラを操る楽しさは満喫できるんじゃないかと思うんだよね。しかも、レンズだってマニュアルに慣れっこだからオールドレンズをつけて楽しむことができる。

たしかにフィルムカメラは楽しいけど、楽しさと引き換えとはいえ、いまのフィルムにかかるコストはちょっと割高すぎる。フィルムは好きだけど、コストのことが気になってフィルムを心の底からなかなか楽しめないという時は、デジタルをマニュアル&オールドレンズで楽しめばいいんじゃないかな。フィルムらしい写真の質感こそ完全な再現は難しいかもしれないけど、それ以外は間違いなくデジタル時代に生きる恩恵を存分に得られる。僕はフィルムを始めたばかりで、まだまだ学びとしてもフィルムに集中したいとは考えてるけど、ある時期かきたらもう一度デジタルを手にして、今度はマニュアルでカメラの楽しさをフルに引き出して楽しんでみたいなと考えている。いや、もっと早い時期にそれはやってくるかもしれない。ラティチュードの狭いデジタルなら露出の学びにもなるしね。デジタルだって、フィルムだって、どっちだっていい。大切なのは、大好きな写真を躊躇することなく好きなだけ撮ることができて、カメラを操る楽しさをマニュアルで最大限に引き出してやるってこと。デジタル→フィルムときて、もう一度デジタル時代に対して思うこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA