デジカメもモニター見るのやめたら、軽快だった。

Pocket

Leica M-P typ240

少し前のポストに「撮った直後にモニターを見ない、フィルムカメラの潔さ」みたいなことを書いたけど、その後、僕は街中のスナップをデジカメで撮る時もモニターを見るのをやめてみた。その感想を言うと、想像した以上に撮影がリズミカルで軽快になった。

どうせ街中でスナップを撮る分にはモニターはおろかファインダーもじっくり眺めてる余裕はない。だったらいっそ見なくても大して影響はないんじゃないかと思ったんだ。フィルムカメラをやってるとモニターを見るという行為はもちろんない。でも、だからといってストレスはないし、むしろ次の行動にすぐ移せて、そのテンポはとても心地いい。あのリズムとか気分をデジカメでも味わいたかったんだな、僕は。

最近使い始めたLeica M-Pは、僕がフィルムのような感覚でスナップを撮りたくて迎え入れた一台。Nikon Dfもそうだけど、そもそもデジカメとして欲しかった道具じゃなくて、フィルムライクに撮れるデジタルとして選んだカメラだから、撮った直後にモニターを見ないことは、僕にとっては極々普通のことだった。もちろん、撮った直後にモニターを確認しながら撮るほうが精度は上がるかもしれないけど、僕が写真に求めてるのは精度ではなく、もっと感覚的なもの。だから、すんなりモニター確認をカットできた。

それによって撮れる写真がよくなったかどうかは正直分からない。でも、少なくともスナップ撮影のリズムはすこぶるよくなった。最初からモニターのない孤高のデジカメLeica M-Dの潔さにはさすがに及ばないけど、失敗カットをその都度モニターで確認して撮りたい時は、ただモニターを見ればいい、それだけ。モニターがついているカメラでも、見なきゃいいと思えばすぐにできることだよね。

僕は面倒くさがりなのでレタッチは一切しない。その上モニターを見なければ、まあ失敗写真をそれなりに量産してしまうわけだけど、それよりもスナップ撮影している時のあの独特のテンポを優先するとするならば、モニターを確認しないことはさして大勢に影響のないこと。フィルムに比べれば、ラボに現像に出さなくてもMacBookなつなぎさえすれば瞬時に現像できちゃうようなものだから、そこで写真を確認すれば十分。というか、そこで初めて確認する写真は、現像あがりのあの独特のワクワク感に通じるものもあって、その感覚もなかなか楽しいもんだと僕は思った。

まあこれはあくまで僕が好む撮影リズムの話だから、特に強くおすすめする話でもないし、やってみたらなかなか新鮮だったよ、という一人のアマチュア写真愛好家の参考までの話です。というわけで、日に日にスナップの撮り方にじぶん流の作法みたいなものが芽生えてきた。カメラや写真は10人いれば10通りの撮り方があって当たり前。密かにじぶんらしい撮り方を模索しているところである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA