デジイチとMFレンズで散歩カメラ。

Pocket

蝉の鳴き声がとにかく激しい。屋根付きのベンチに避難して、しばしの休憩中にブログを書いている。外で風にあたりながらブログを書くのはけっこう好きで、にんげんはやっぱり自然の中にいるのがいちばんリラックスできて癒されるんだろうなと思う。

今朝はNikon D300にMF単焦点レンズ50mmをつけて連れ出した。フィルムカメラを経て、ふたたびデジイチを再開して思うのは、カメラはマニュアルが楽しいなということ。もちろん、息子のスポーツ大会なんかを撮る時はオートフォーカスの恩恵を最大限に受けて撮りたいんだけど、こうして一人散歩カメラに出かけている時は、ゆっくりとマニュアルで露出を決めながら、カメラをじぶんで操って撮るというのが僕には心地いい。

撮る時は、まさにフィルムカメラと同じ要領で、ISO感度を決める。フィルムをイメージして、100か400を選ぶ。100はいつも使い慣れているフィルムの感度だから、露出は体感でだいたい分かる。絞りとシャッタースピードをマニュアルで決めたらピントを合わせてシャッターを切る。すると、当たり前だけどデジタルだから、その場で写真の出来が確認できる。絞りを前後に変えながら数枚撮って見比べると、露出の勉強になって実におもしろい。そう、僕はこれがしたくてデジイチを再度購入し直したんだ。

体感露出としては感度100ならだいたいいけるようになっているじぶんを再確認する。あとは、まだまだ経験不足の感度400の時の露出をからだに覚えさせること。100から二段調整するんだっけかな、頭ではなんとなく理解できても、こうして実際にマニュアル撮影しながら撮ってみないとなかなか体感露出として身に付かない。こうして何枚も何枚も撮り直して露出を学ぶには、ほんとデジイチはフィルム代も現像代もかからずコストを気にせず撮れるから、あらためてデジタルならではの良さも再認識する。

あとね、Nikon機はデジタルも実にいいシャッター音を奏でるよね。僕は以前所有していたD750の乾いたシャッター音も大好きだったけど、D300もやっぱり惚れ惚れするようなシャッター音を聴かせてくれる。マニュアルのよさと、デジタルのよさ。このハイブリッドなおもしろさは、僕にとってはまたひとつ新たな気づきの世界。そして、このおもしろさがまたフィルムカメラで撮るおもしろさをひろげてくれる気がしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA