ダイヤルをカチカチ動かしてマニュアルで撮る愉しみ、Nikon Dfというチョイス。

Pocket

Nikon Df, 50/1.8G Special Edition

今朝はNikon Dfのことを考えたり散歩に連れ出したりしたから、少しDfのことについて触れておこうかなと。見た目はご覧の通りフィルムカメラ。でも、現行カタログモデル、フルサイズFXフォーマットのデジタル一眼レフカメラなのである。

フィルムニコンの人気モデルNikon FM/FEシリーズを使っている人は分かると思うけど、上面の軍艦部といわれる各種ダイヤルの配置や趣はFM2やFEとほぼ同じで、Dfがかつてのフィルムニコンの人たちへ向けたオマージュモデルであることがよく分かる。

左にあるのは露出ダイヤル。僕はフィルムと同様、100か400、最大でも1600までしか使わないけど、Dfは感度12800まで目盛りがふられている。その右に目を移すとシャッタースピードダイヤルがある。DfはSS1/4000までと現行モデルとしては性能的には控えめだけど、このSSをダイヤルで合わせる仕様はなかなか僕をソノ気にさせてくれる。根元には連写モードなどの切り替えセレクターがついている。

その右隣前部に配置されているのがシャッターボタン。で、シャッター巻き上げレバーが無い代わりに、その部分には絞り優先モードやマニュアルモードなど撮影モードを切り替えるつまみがある。その下にはいかにもDfらしく控えめな小型液晶モニターがある。フィルムカメラをやる人なら、そろそろ触りたくなってきたでしょ。そう、Dfは単なるレトロデザインのカメラじゃなくて、かなり綿密に当時のMFフィルムニコン機を再現、復刻したモデルなのである。

世の中が最新の話題モデルD850の登場にわいてる中、D850には目もくれず僕はこのDfを注文した笑。じぶんでも時流にのってないなあと少し笑ったけど、そもそも僕がDfにたどり着いたのは最新のデジタル一眼レフが欲しかったんじゃなくて、MFフィルムニコンのような気分でデジタルでも撮りたかっただけだから、じぶんの中では他に比較対象はなかった。

実際、Nikon FEやNikon F2で使っていたAiニッコールやAutoニッコールといったオールドレンズがそのまま使えるのはレンズ資産の活用的にも有効だったし、露出を考えながらマニュアルで絞りやシャッタースピードをカチカチダイヤル操作して撮る一連の動作は、一枚一枚をゆっくり撮るフィルムカメラと同じテンポで、実に感慨深かった。あ、このカチカチと気持ちいい手ごたえで決まるダイヤルの質感もまたなかなかのもの。製作者たちの「細部までこだわってるな」というのが伝わってくるんだよね。

その後、愛犬の散歩なんかにも片手で軽快に撮影できるよう、AFの50/1.8Gやズーム24-85VRを買い足したけど、撮影していて気持ちいいのはやっぱりMFオールドレンズで、僕は28mm、35mm、50mm、43-86mmをつけてマニュアルライクな操作感を楽しんでいる。

Dfはニコンフルサイズ機の中で最軽量モデルで、その分動画機能が省かれたり、WiFiが未搭載だったり、フル装備の万能カメラではないけど、考えようによっては往年のフィルムカメラのようなマニュアル操作の撮影から、普通に完全オート撮影までできる「これ一台あればほぼOK」という汎用性に富んだフルサイズ一眼レフともいえるわけで、意外と誰にでもオススメできる一台かもしれない。

発売から今年で四年になるのかな?。そろそろ後継機が欲しいという声もよく聞くけど、僕は後継機は出ないんじゃないかと思ってる。僕なんかは誰にでも使えるモデルだと思うけど、世の中的には特殊なジャンルのカメラという印象の持たれ方もあり、それほどたくさんの量が売れるモデルじゃない。だから、さすがに後継機は無いだろうなと。後継機を期待する声には、今の少し太めと言われるボディをもっと薄くコンパクトにして、それこそFM2やFEなみのコンパクトさで登場させて欲しいというものがほとんどだけど、僕は言うほど気にならない。いつまでも現行モデルでいてくれたほうが修理の面でもありがたかったりするしね。

というわけで、きょうはNikon Dfの話。まだDfの実機に触ったことがない人は、ぜひ一度お店で触ってほしい。僕が購入した時も販売品ではなかったけど触れる展示品があったから、それでカチカチの感触とか確かめて注文を決意した。それに、今なら少し安くなった中古モデルもあるから、実際に使用感を確かめて購入することができる。あ、いつのまにか購入をすすめちゃってるな笑。でも、デジイチはこれ一台でほんとOKだと思うから、そう考えるとずいぶんお得なチョイスかもしれないよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA