スーツは黒か濃紺、シャツは白、と決めている。


RICOH GR

もう何年もこのスタイルである。スーツは黒か濃紺でJ.PRESSかBEAMS、シャツにいたってはJ.PRESSの白ばかりでレギュラーカラーとボタンダウンを10着ほど。J.PRESSはスーツもシャツも行きつけのお店で採寸してあるから生地を選ぶだけですぐ買える。つまり楽なのである。

黒か濃紺のスーツに白いシャツならビジネスから冠婚葬祭までまず困らない。クライアントに行くとか、葬儀に行くとか、急な予定が入ってもオールマイティで動ける。つまり、シチュエーションにおいても楽なのである。だから、ぼくはもう何年もこのスタイルで固定されている。お洒落好きの人からすればなんとも淡白で味気ないかもしれないけど、とにかく面倒臭がりの僕にはこれほど楽でいられることはない。

だから、スティーブ・ジョブズがいつも同じタートルとジーンズでいるのを見てとても共感していた。あ、ジョブズも面倒臭がりなんだなと笑。僕とジョブズを同じにするのは少々気がひけるが、でもまあ男としてはすごくわかるのである。そんな僕がやはり愛用し続けている時計G-SHOCKスカイコクピットからApple Watch2に変えることを検討している。なぜなら、改札や支払いが楽だからである。我ながらちょっと笑う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA