ストラップは、Leica IIIaにグルグルと巻きつけてポケットに突っ込める布タイプにした。

Pocket

アルチザン&アーティストの布製ストラップ

Leica IIIaをスナップ用カメラとして日々持ち歩くために、ちょっと迷っていたのがストラップ選び。ここ数日間はひとまず頂き物の革製ストラップをつけてたんだけど、長さ調節のための金具が付いていて無造作に扱うとボディを傷つけそうだったから、ストラップは新調したほうがいいなとずっと考えていた。

それと、ここ数日間、IIIaでスナップを撮っていて気になったのが、鞄やポケットから素早く取り出してサッと撮るには、ハンドストラップのほうがいいんじゃないかという気づき。見た目はネックストラップのほうがアンティークなカメラらしくて似合ってるかもしれないけど、鞄の中やポケットにしまうには革製のネックストラップは長くて固くてちょっとかさばるし、使っていてどうもGRやKonica C35のようにサッと取り出してリズムよく撮れない。さて、どうしようと。

答えの出ないまま、ひとまず家電量販店のカメラ売り場へ行ってみた。ハンドストラップならミラーレス用とか豊富にあるんじゃないかと思ってたんだけど、これがなかなかいいものがない。一眼レフのアクセサリーコーナーにも行ってみたけど、これもまたゴツすぎてしっくりくるものがない。これはもうしょうがないなと、ライカとか名の知れたいくつかのブランド品を展示してるコーナーへ行ってみると、少し値段は張るけど、なんか雰囲気がしっくりくるものがいくつか出てきた。革製だったり、ロープタイプだったり、いくつか眺めてたんだけど、たどり着いたのはM3のストラップと同様、アルチザン&アーティストのストラップたちだった。

僕がM3につけているものと同じような柔らかい革製のストラップなど、何種類かをショーケースから出して触らせてもらった。もちろん、どれもいい感触なんだけど、どれもネックストラップで固く長い。ひとつだけハンドストラップもあったんだけど、これも色が淡いベージュで、僕のIIIaにはどうもしっくりこない。んーと悩んでる時に、いや待てよ、布製のものがいいんじゃないかと。

ショーケースを再度眺めると、茶色の布製のものがひとつだけある。僕のIIIaは色が浅くなっていることもあって、パッと見、茶色系のボディに見える。黒より茶色のほうが似合うし、実際にそのストラップを手にとってみると、ネックストラップではあるんだけど、かなり短めでなにやらハンドストラップとネックストラップの中間サイズのような軽快感がある。なにより、これならネックストラップでも手にグルグル巻いて使えそうだし、IIIaにグルグル巻いてポケットに入れられそう!と、なんだか使用した時のイメージが鮮明になったんだよね。

というわけで、僕のバルナックIIIaには、アルチザン&アーティストの茶色の布製ストラップをチョイスした。帰宅してから早速取り付けてみたんだけど、これがお店でイメージした通りでなかなかよろしい笑。僕の中ではバルナックは小冒険カメラだから、布製のカジュアルな感じもけっこう似合ってる。これで、明日からは鞄の中に入れていても金具で傷つく心配もないし、撮りたい時にサッと取り出して、ストラップを手にグルグル巻きして素早く撮れそう。そして何より茶系のIIIaとストラップの組み合わせを眺める楽しみもできた。これで本当にあとは撮るだけ。ポッケに入れて持ち歩くバルナックの姿が見えてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA