シャッター音の気持ちよさでいえば、Nikon Dfも忘れてはなるまい。

Nikon Dfの軍艦部とシャッターボタン

きょうは一日、フィルムコンパクトのKonica C35で写真を撮ってたんだけど、その反動なのかな、愛犬と夜散歩してる時に、ふと元気のいいシャッター音のカメラで写真を撮りたいという気持ちが込み上げてきた。その時、イメージとして浮かんだのがNikon F2ではなくNikon Dfだったんだよね。じぶんでも少し意外だった。

考えてみると、Nikon Dfというカメラはデジタルなんだけどフィルムカメラ時代のマニュアル感覚で撮れるレトロチックな軍艦部、オールドニッコールなレンズたちが使えるところなんかの特徴が語られがちだけど、何を隠そう、シャッター音とシャッターフィールも実に気持ちいいカメラなのである。低音の締まりの効いた落ち着きあるシャッター音と、ストンと瞬時に振動が収まる感触は、フィルムカメラとは違ったある種の官能さを持ち合わせている。あの感触を一度でも味わうと、やっぱりヤミツキになる何かがあるのである。

そうだなあ、マットな音と振動とでも言えばいいだろうか。F2のような叫びに近い派手なシャッター音ではなくて、もっと上品な収まりのいい音色。その派手さとは違う感触がジワジワと僕の好みを支配していってるようなところがある。それもそのはずで、手持ちのカメラの出動回数とシャッターを切る頻度でいえば、今はNikon Dfがいちばん多いかもしれない。もともとはフィルムカメラで撮れないシチュエーションの補完カメラ的な存在だったかもしれないけど、今やすっかりメインカメラになっていて、たぶんシャッター音を聴きたいカメラとしていちばんに想起したのも、その証だと思う。

まだ火曜日、Nikon Dfで撮れる週末までは三日ほど我慢しなければならないけど、無性にいまNikon Dfで撮りたいという衝動にかられる。部屋の中で空シャッター的に数枚撮ればいいんじゃないかと思うかもしれないけど、あのDfのマットで締まったシャッター音は、外の空気の中で聴くほど空気に包まれて心地いいものになる。だから、やっぱり部屋の中ではなくて外で聴きたい。フィルムカメラ的なフォルムだけど、フィルムカメラとは違う、一種独特のシャッターフィールを感じさせてくれるDfというプロダクト。このカメラを製品化したNikon社の開発陣たちのこだわりは、単に昔を懐かしむことではなくて、唯一無二のカメラを世に送り出したかったんだろうなと今は思う。

僕もDfを購入しようと考えるまでは、Dfはそのデザインばかりに目がいっていたんだけど、同じような印象を抱いてる人は、ぜひ店頭でDfのシャッターフィールを体感してほしい。このDfというカメラが何かの真似事ではないことがはっきりと分かると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA