カメラを毎日持ち歩くなら、RICOH GRが大本命になる。

image

カメラにハマるほど、常に毎日カメラを持ち歩きたくなる。僕もそうだった。一眼レフのAPS-C機 Nikon D5300を購入してカメラライフをスタート。最初は週末だけカメラライフを楽しみ始めるわけだけど、露出や絞り、ホワイトバランスなどを早く使いこなせるようになりたいと次第に思い始め、やがてコンデジが欲しくなる。僕の場合は平日用にとコンデジ Nikon Coolpix P340を買い足した。操作ロジックがD5300なんかと基本同じということもあり最初はそれなりに楽しいのだけど、そのうち”週末の一眼レフと平日のコンデジの性能の落差”に気づくことになる。僕は特にセンサーサイズの差によるボケの楽しさの落差が気になり始め、コンデジなのに起動スピードの遅さなんかも気になり始めた。週末の一眼レフに慣れてくればくるほど、平日の物足りなさが日増しに気になってくる。そうしてたどり着いたのがRICOH GRだった。

image

RICOH GRはカメラファンの間でも”最強のスナップシューター”としてお馴染みだが、僕は何より「一眼レフに引けをとらない上質な写り」こそがGRに求める性能だった。週末の一眼レフの方はその後APS-C機のD5300からフルサイズのD750へとヴァージョンアップしていから尚更だ。一眼レフの上質な写りや精密な操作感に慣れてしまうと、コンデジP340はあまりに貧弱な写り過ぎた(携帯性やデザインはとても気に入っていたが)。

僕が一眼レフに魅せられていたのは特に美しいボケの世界だったから、平日に鞄に入れて持ち歩けるコンデジで一眼レフ並みの写りが楽しめるコンデジ探しが始まるわけだけど、そこでビギナーなりに気がついたのはコンデジなんだけどAPS-Cサイズのセンサーを積んでいるものが必須だということ。そして、一眼レフにない性能ということでいえば、とにかく起動性に優れたものが欲しいと思った。スナップを撮りまくりたいということではなかったのだけど、毎日持ち歩くのであれば一眼レフのように仰々しく構えて撮るのではなくて、撮りたいものが目の前に現れた時に瞬時に取り出してラフに撮りたいと考えたからだ。つまり、「一眼レフと遜色のないボケなどが楽しめる高精度の写り」と「とにかく瞬時に撮れる起動スピード」の二つが、僕がカメラを毎日持ち歩くとした時の最重要ポイントになった。

こうなると、チョイスは自ずとRICOH GR以外に考えられなかった。しかも、このGRはいかにも職人的な道具感がたまらないデザインフォルム。Nikon好きでG-SHOCK好きの僕にはプロダクトとしても物凄く魅力的に見えた。GRはその性能を精巧なレンズとスナップシューターとしての起動性に絞ったが故に、ズーム機能は省かれ、手ぶれ補正もない。それよりもコンパクトなボディにAPS-Cサイズのセンサーを搭載することを選んだ潔い設計。フィルム時代からこだわりの名機だったGRは、まさにデジタル時代に一眼レフに劣らない性能で蘇ったと言っていいと思う。それほどこのGRの開発者たちがこだわった精巧な写りと起動スピードは圧倒的だった。

スナップシューターとしてのこだわりでいえば、それらしい味のある写真が撮れるエフェクト機能が多数あることや右手の持ち手の範囲にほぼ操作ボタンが集中している使いやすさとか魅力は他にもいろいろあるけど、週末の一眼レフの楽しさを平日もコンデジで再現するということであれば、僕は今のところこのRICOH GR意外には考えられない。それどころか、僕はサブとして考えていたGRのあまりに素晴らしさに惚れ込み、結果として一眼レフやレンズをすべて手放して、今はGRだけを手元に残して平日から週末まですべてこれ一台で楽しんでいる。ロードバイクを趣味にしているから、カメラもそのライド時に持ち出して楽しむことを最優先したかったこともあるけど、本当に「カメラはGRだけでいいじゃないか」と悟ったというわけだ。

GRで撮れる写真については、ぜひこのブログの中の写真の数々を見てほしい。僕の腕前はさておき、広角から寄り、ボケまでこれ一台で大抵のことはできてしまうことがそれとなくわかっていただけると思う。一眼レフのようにも撮れるだけでなく、GRにしかも撮れない世界までついてくる。そして、どんどんGRというシンプルなんだけど奥深い魅力へとまたハマっていく。僕はまた次にカメラを買い足す時もおそらくその時の最新のGRを購入すると思う。代々、歴代のGRを使い続けている人が多いと聞くのもうなずけるところ。

カメラにハマればハマるほど、常に毎日カメラと行動していたくなる。それは単にスナップシューターを持ち歩くということではなく、一眼レフに引けをとらない性能を持ち歩きたいということ。僕みたいな人はもうRICOH GR一択だと思う。ぜひ、その孤高の性能をカメラ屋で手にとって確かめてほしい。コンデジとか一眼レフとかそういうジャンル分けがどうでもよくなる質がそこにはあります。フルサイズ一眼レフを捨ててRICOH GRに集中したいと思った張本人の僕が言うのだから間違いないです。そんなGRの良さを少しでも多くの人に知って欲しくて、こうしてブログを書いているところもあるくらいだから。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA