カメラは使ってみないと分からないから、一時的には増えてくけど、その後これぞというカメラに絞れていくんだろうね。

Nikon Df, 50/1.4D

カメラなんて一台あれば事足りるし、予備でもう一台持っておいたとしても二台もあれば十分だ。それでも多くの人がとても使い切れないであろう台数のカメラとレンズに手にする理由とは…それはやっぱり「カメラは使ってみないと分からないもの」ということなんだろうと思う。

もちろんフォルムに惹かれて所有したいと思うこともあるけど、多くの場合は「そのカメラならもっと理想とする写真が撮れるんじゃないか」とか「そのカメラのある生活を思い描くと心踊る」というシーンを心に抱き、ひとはまたひとつ新しいカメラやレンズを手にするんだよね、たぶん。

そうして実際に手にして使ってみると、ようやくじぶんとそのカメラやレンズとの相性が見えてくる。そこからひとはどのカメラを軸にしていけばいいか、少し未来みたいなものが見えてくる。そして、いわゆる断捨離へと進んでいく。本当にじぶんにフィットする最小限のボディやマウントに行き着き、そこを深めていくというプロセスということなんだろうね。だって一人のにんげんが使えるカメラには限度があるし、使い切れない数のカメラとレンズと時間を共にすることは少しフラストレーションにもなる。僕はそうだった。僕も今はいろんなカメラを試し中。そういう意味では少しカメラが増えすぎた感は否めないけど、これは過程であってじぶん探しの旅のようなものな気がする。

最終的には二、三台のカメラとつけっぱなしのレンズに絞れていく気がするし、たぶんそれは機械式カメラなんだろうなという思いがある。あ、でも、それはフィルムがいつまでも生き残ることが前提だから、そうではない様相を呈してきたらデジイチが手元に残る気もするし、時代ともにらめっこかな。まあ、なんにしてもそこまでのプロセスも楽しみだし、たどり着くであろう世界もまた楽しみなのである。それがカメラなんだろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA