カメラはなんだっていいじゃん、というのはどこかある。

Pocket

RICOH GR, GR Lens 28/2.8

これには少し補足がいるけど。カメラを操る楽しみは置いといて、できあがる写真においての話。

写真が好きな人ってのは、ある意味超越してる人だから、カメラがなんだっていい写真を撮ってしまう。正確にいうとたぶん、カメラがなんであろうが、そのカメラの性能や特長にいちばんあった方法論やまなざしで撮ってしまう、ということなんだろうなと思う。そういう人はカメラが写ルンですであろうが、センサーの小さいコンデジだろうが、距離計のないフィルムコンパクトだろうが、極端なことをいえば古いスマホカメラであろうが、ドキッとする写真を撮ることができる。半分想像で書いてるけど、たぶん間違ってはいないと思う。そういう人は僕なんかとまなざしが全然違っていて、撮ろうと思う対象も違うし、撮りたいと思う瞬間もきっと違う。四角い写真の中に何か絵を収めようとかそういう次元じゃなくて、そこに時間とかストーリー、人生観とか生きざまみたいなものを封じ込めてるんだと思う。違うかな、いや、言葉にするからダメなのかな。もっと言葉にできないものだ、きっと。

だから、そういう意味ではカメラなんてなんだっていいんだ、本当は。ただね、カメラを操って撮る楽しみというのは別にあるし、カメラが変わるとその性能や特長に合わせて撮り方が変わるのもまた事実だから、そう考えるとカメラにこだわるのは自然なことだし、カメラの性能があがればそれ以前は撮れなかったような写真が撮れることになる。でも、カメラが撮らせる写真より、たとえカメラがなんでもハートに追随させて(カメラに調子にのらせて、かな)撮っちゃう人のほうが、やるなあと思うし、できあがるものも強い気がするんだな。この話に結論はない。僕がなんとなく思ってることを記憶として綴ってるだけ。どうでもいい話かもしれないけど、どうでもよくない話というわけで。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA