カメラで撮りに行くことより、カメラを持ち歩いていることが僕には大事。

Pocket

人生は忙しい。いつでもカメラで撮影に行ければいいが、現実にはそんなことはむずかしい。それでも一瞬だけでもシャッターを切りに出かけることは素晴らしいし、できればそうありたい。でも、それでも撮影に行けない慌ただしさに苛まれるのが日常であり人生だったりする。だから、意を決して撮影に行くというより、いつも出かける時にカメラを持ち歩くくらいがいいんじゃないかと思う。結局一日何も撮らない日があっていい。それでも、あ、なんか撮りたいなと思った時にカメラがそばにあれば、それはちょっと素敵なことだと思うんだ。カメラは凝った撮影もたのしいだろうけど偶然性だってなかなかどうして、おもしろい。日々カメラを持ち歩くことは少々肩紐がくい込む苦労はあるけど、それでも持ち歩き続ければある時お釣りがくるくらい嬉しい瞬間が訪れたりする。だから僕は常にカメラを持ち歩いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA