カメラがいるよ、くらいな感じで。

Pocket

なんでこんな来る日も来る日も写真撮ったり眺めたりしてるのかといえば、やっぱり気持ちがいいからなんだよね。かといってカメラを持ってどこか仰々しく出動するというのではなくて、ふつうに出歩く時にカメラを持っておく、くらいの距離感がほどよくてよい。撮るものたちは特別なものではなくてほんの日常だけど、でも立ち止まって撮ったわけだから、そこにはじぶんが写真を撮ったささやかな理由がある。その時は瞬間でスナップ撮ってるからそんなことはあまり考えないけど、現像があがってきたら「なぜじぶんはこの写真を撮ったのだろう」とか思案するのもなかなか楽しい。他人の写真を見る時もふと、なぜこの人はこの写真を撮ったのだろうと考えるよね。僕は、決め!みたいな写真よりは、自然体☺︎みたいな写真のほうがどうやら好きなようだ。フィルムで撮るようになって、あ、フィルムってそういう撮り方に寛大だよなと思うことも。それがまた僕とカメラの写真生活に意味みたいなものを付加し始めてくれている。ふだんのなんでもない日常ならスマートフォンカメラがあるじゃん、という声もあるかもしれないけど、そこはなかなか言葉で説明するのはむずかしい。ただただ「フィルムで撮ってみて!」としか言えない。そうすると分かると思うんだ。すぐそばに”カメラがいるよ”っていうなんとも言えない感覚のことが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA