カナヅチのスタートから25m泳げるまできた。次は2ビートキックだ。

スイミングスクールに通い始めて7日目。今日は僕の人生にとってささやかだけどメモリアルな一日となった。ついにクロールの息継ぎを覚えて25mを4本ほど泳げるようになったんだ。生まれてこれまで数十年、まったく泳げなかった僕が、まだまだ不恰好な泳ぎ方とはいえプールの端から端まで泳ぎきることができた。これは嬉しかった。

コーチのレッスンでクロールの息継ぎの方法といくつかの矯正を受けて、その後にじぶん一人で復習。最初の30分くらいはなかなか上手くいかない。今日もまだ無理か…とうなだれつつも、諦めずに何度も何度も息継ぎの練習を繰り返すこと1時間ほど。なんとなく手応えも掴みつつあったんだけど、ある時からするりと空気が吸えるようになり、体も沈まなくなる。気がついたら25m泳ぎきれていた。マグレかなと思ったけど、その後何度も25mなら苦しみながらもいけるようになって、あ、これはコツをつかめたかもと実感する。

結局2時間半から3時間ほど練習していたかな。コツがつかめたことでまだまだ泳いでみたかったけど、最後は肩が上がらなくなって練習を終えた笑。まわりは泳げる人ばかりだから、僕が25m泳いだところでプール空間は何事もなかったかのようにみんな黙々と泳ぐ空気ではあったけど、僕は静かに喜びというか達成感を感じていた。やっぱり何でも諦めずにやってみるもんだと。着替えを終えて帰るときにコーチがいたから復習のおかげで25mを何本か泳ぐことができたと報告すると喜んでくれた。そして、トライアスロンへの挑戦のことはコーチも知ってるから、次からは疲れにくいクロールの2ビートキックを練習していこうということになった。一歩一歩ではあるけれど、僕は今日少しだけ夢に近づいた。できないことができるようになる。人生の醍醐味はそれに尽きる。よし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA