アレモコレモさんの真似をして、欲しいものを素直に少し書いてみた。

Leica Standard

買いたいじゃなくて、くれるなら欲しいという話だから、気楽に書けるという解釈で。そうだなあ、まずはこのライカ・スタンダードのブラックペイントだな。以前カメラ屋で見かけて思わず触らせてもらい、写真を撮らせてもらったという笑。IIIaを購入した直後だったからとても買う気までは至らなかったんだけど、よく言われることで「中古カメラは出会った時が買い時」という言葉の通り、次回訪れた時はもう無くなってた。以来、どこのカメラ屋へ行っても心のどこかでこいつを探してるじぶんがいる。

あとは、Rolleiflex 3.5F(または3.5E)クセノターかな。これは欲しいというよりずっと憧れ。川内倫子さんの使用するカメラという意味で、なんか僕の中で聖域なんだな。手にしたいような、いや手にしちゃいけないような、そんな存在。

それから、気になっているといえばContax I型のブラックペイント。あの四角シカクしたボディ。いい感じにペイントが剥がれて真鍮が浮き出たボディは、もう写りとか分からなくてもただただいいなと思う。車でいえばMINIじゃなくてFIAT Pandaのカクカク具合。あの直線的美学はライカにはない味だと思う。

あとね、単純にNikon Z6とRICOH GRiiiはいいと思う。登場を待ってる人は絶対買っちゃえと思う。Zは初号機ならではの熱量を感じるし、GRはこの期に及んで小さくしてきたからやるなあRICOHって思う。カメラは作り手の意思みたいなものがモロに滲み出るプロダクトだからね。この2つにはそれを感じる。

それと、いつもなんとなく意識して見てるのは、やっぱりNikon FとF3かな。僕は最終的にF2アイレベルを選んだけど、最後の最後までFとF2、F3は比較しまくったからね。その時にふれた手触りが今でも忘れられないんだろうね。

そうそう、ミノルタ機も気にはなる。SRTシリーズだっけ、あれにロッコールというのはなんともクールなイメージ。所有してる人のイメージとして、変にカメラをアピールせずに、ほんとにカメラとか写真を静かに愛してる感じがする。そういう意味では稀有なカメラなんじゃないかな。私見ではあるけど。

最後は、Leica R6.2。機械式の一眼レフ機。ライカはM3をもう一台欲しいと少し狂った感情を持った時期もあるんだけど笑、その予算が仮にあれば先にこいつかなあ。ズミクロン つけて、クタクタになったR6.2を首からぶら下げて都市や荒野へ出る。なんとも最高じゃないか。

いやあ、妄想も悪くないね笑。もうカメラは増やさないと一応じぶんに課してるから、こうして書くだけなら大丈夫。買わなくても、カメラ屋に通って眺める価値はあるこんなカメラたち。それにしてもこのライカ・スタンダード、やっぱりたまらないオーラあるな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA