Bessa-L

まっしぐら、がいい。スナップでもカメラでも、なんでも。

Voigtlander Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100

僕はたぶん「まっしぐら」なモノやコト、ひとが好きなんだろうな。まっしぐらというのは、周囲に惑わされることなく、じぶんが思うLoveなコトに夢中な姿。そういうひとの撮るスナップが好きだし、そこに映し出される作為的でない感情というかピュアなエネルギーが好き。

にんげんは、あまり周囲から見られることを意識しすぎると、このピュアな核みたいなことを見失う。そうやってフラフラしている人々を見ると、まっしぐらなひとたちが一段ときわだってカッコよく見える。僕にとっても数人いるんだ。そんな風にまっしぐらでとてもカッコよくカメラやスナップ、生き方と向き合う魅力的に見えるひと。

僕はまだまだそんな域にはないわけだけど、上手いとか下手とか、強いとか弱いとか、目立つとか地味とかそういうことを超えて、まっしぐらでいたいなと思う。カメラとの向き合いも、撮るスナップも、そしてこうして向き合うブログも。余計なものを排除して、シンプルに、じぶんがいちばん初めに抱いた感情のスタート地点から、まっしぐらに。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA