日記のようなもの

まいちに、まいにち、にんげんのこと。

image

むかし仲畑さんの毎日新聞のコピーで「なんだ、ぜんぶ人間のせいじゃないか。」という広告があったと思う。たしか毎日新聞がリニューアルして今の題字になった時だったと思う。世の中のニュースは種類はあれど、ぜんぶ人間のせいで起きてるじゃないかと。悪いニュースだけじゃなくて良いニュースも含めてなのだけど。広告的にいえばそうだけど、仲畑さんは世の中すべてを言ってのけたんだと思ってる。以来、僕の中にずっと残っている言葉。

時代は21世紀になって、インターネットだテクノロジーだとそれなりに未来になったけど、それでもこの「なんだ、ぜんぶ、人間のせいじゃないか。」ということは変わらない。うれしいことも、つらいことも、嫉妬することも、笑うことも、クシャクシャな顔で喜ぶことも、ぜんぶやっぱり人間のせいで、仕事もプライベートもつまりすべては人間と人間の関係性が起こすことなんだと思うと、なんだかね、これはもう自然の摂理というかこの星の有り様だから、それを憎んだりなんだりするより、ニュートラルに正面から受け止めていくしかないなあ、などと思うのです。

ほんと、まいにち、まいにち、いろんなことが起こるわけだけど、それはじぶんも含めてのぜんぶ人間のせいだから、常に自戒もこめて謙虚に受け止めていくしかないなあと。いや、悲観的に言ってるわけじゃなくてね。にんげんとにんげんが繰り広げる、一生続くこの出来事の連続をできればしなやかに生きていきたいなと。どうせならね。そうこうしてると喜びのシーンもちゃんと巡ってきて、意外と世の中は公平でバランスがとれてたりもするから。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA