なぜ、F2とM3に集中しようと思い至ったのか。

Pocket

理由はいくつかあるのだけど、ひと言でいえば「時間がないから」。僕は不器用なのでたくさんのことを器用にこなすことはむずかしい。カメラをこれ以上増やすと、きっとどれも使い込むことができないじぶんが見える。デジタルカメラの時にそれを経験し、増やしすぎたカメラやレンズをすべて手放した経験もある。考えてみると、人生は長いようで短い。週末の回数ともなると冷静に考えると実はゾッとするくらい少ない。そんな限りのある時間を、この二つのフルメカニカルシャッター機と濃密に過ごしたいと思ったんだ。Nikon F2とLeica M3。機械式一眼レフと機械式レンジファインダーの、共にカメラの歴史に名を刻む名機。縁あって手に入れたこの二つのカメラと、大袈裟に言えば残りの人生を濃く太く駆け抜けたいなと。昨夜、ふと思った。もうカメラは増やさず、このF2とM3との時間を増やそうと。この夏の僕のささやかな決心である。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA