つまるところ、レンズの性能より僕の性能がどうかってことなんだろうな。

Leica M-P, Planar T*2/50

出張に出かける合間を見て、少しだけレンズを見てた。Leica M-PにはM3につけていたPlanar T*2/50ZMをひとまず装着して撮ってるんだけど、そろそろM-Pの癖みたいなものも見えてきて、もう少し現代的じゃないオールドレンズで撮ってみたいと思い始めたので。

でも一方で、レンズが撮ってるわけじゃなくて僕が撮っている、みたいに思うところもあって、このままPlanarで撮り続けてみると僕のスナップにどういう変化が起こるんだろうという興味もあったりする。なにせ、僕の写真はあまりに自己流すぎる。写真の知識もカメラやレンズの知識もない、ただひたすら感覚で撮ってる。撮った写真を眺めてはPDCAしてる感覚だから、そんな僕がレンズのことをあれこれ言う以前に、僕の性能を上げるほうが先なんじゃないかと。いや、先とかいうより、それこそが写真のすべてかもしれないし。

きょうはそんな僕の現状に、お二人の方からアドバイスのようなものもいただいた。そう、まわりの人にはすぐ分かることも、じぶんはまだまだ何にもわかっていない。わかっていないことはネガティブではないけど、ポジティブでもない。まだゼロ地点にいるじぶん。どこへ向かおうとしてるのか、そんなことを考える木曜日の夜である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA