そろそろ一年の折り返し地点。違う道を辿るのか、今の道を加速するのか。

Pocket

今日から6月。今年もいよいよ折り返し地点が近づいてきた。毎日いろんなことが起こり、問題もそれなりに山積みなわけだけど、ひと言でいうとこの時間の経過はやっぱりマッハだ。このスピードで年末まで行くかと思うと、少しあせる。

この約半年間は僕の人生においてもいろんな変化があった。生まれてからずっとカナヅチだった男がおじさんになってからある日突然プールに通い始めて、二週目には泳げるようになり、今ではすっかり泳ぐことが習慣になり癒しになった。

そして、このブログ”記憶カメラ”の変化でいえば、フィルムカメラを始めてすっかりハマり、RICOH GRデジタルに加えて手元には5台のフィルムカメラが揃った。そうして、週末の散歩カメラも復活し、家族と過ごす週末もフィルムカメラを連れて古民家カフェや古民家レストランを訪れるようになった。フィルムを始めたことで、明らかに未知だった何かが動き出した。

今年の約折り返し地点である今、ここから進む道は果たしてどんな道になるんだろうと、ふと思いを巡らす。いま来た道をより加速して行くのか、それとも少し違う道をまた見つけるのか。いずれにしても時間に先行されたくないなと思うじぶんがいる。時間に翻弄される僕ではなくて、僕が時間を翻弄するんだという思い。何十年も生きてきてなかなか思い通りにはならないのが人生だと分かりつつ、だからこそいろいろ抵抗したいと密かに思うじぶん。冒険せずにいるのは楽だし簡単なんだけど、僕は見苦しくてもどこかもがいたりあがいたりしていたいな。さて、今日も新しく始動だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA