そして、黒いシンプルニコンも我が家へやって来た。

Pocket

僕はNikon FEのシルバーボディを持っている。でも、なぜか本日、同じものの色違いであるブラックボディの子を連れて帰ってしまった。もともとカメラ屋に寄ったのはNikon Fの実機を触るため。で、触ったんだけどそのお店だけでは決めきれなかった。だから、おとなしく立ち去ろうとしたんだけど、よく見るとショーケースにブラックボディのこの子がいた。しかも、ジャンク品かと思うくらいの価格で並べられていたんで、ならば触ってみようじゃないかと。日頃使い慣れたNikon FEならビギナーの僕でも一応ひと通りのチェックポイントはわかる。電池を入れてもらい露出計を確認。レンズを借りて絞りも確認、シャッターもどのSSでも特に問題なし。クランクを開けてモルトほかも確認。なんだ、問題ないじゃないかと。このへんは、わけもわからず初めてFEを購入した時とは違って、けっこうしっかり動作確認しているじぶんがいて少しおかしかった笑。というわけで、Fは見送りにして、FEをもう一台お持ち帰りしたというわけである。もちろん、家族には内緒である笑。だって、いくらカメラ好きといったって、まったく同じ品番のカメラ二台はいらないでしょ、そう、いらない。でも、もはやなんというか愛着というか、放っておけないというか、このまま愛着のあるFEを見殺し(いや、別に他の誰かに購入してもらい大切に使ってもらえればいいわけだが…)になんかできない、そういう体質になってしまったのである。そういう言い訳を上手く言える自信はなかったから、バックの中にそっとしまって、いま部屋で磨いているところである。うちに帰って眺めてみるとそこそこ汚れているのもわかったから、少し磨いてやると生き返ったように思える。とはいえ、レンズはシルバーボディに付けてあるひとつしかないから、念のためそのフィルムを撮り終えてからレンズを外してブラックボディに装着して、明日あたり試し撮りをしてみようかと考えている。ちゃんと撮れるといいな。というわけで、2台目のフィルムニコン機として、色違いのシンプルニコンが我が家へやってきた。沼ではない、愛である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA